阪神大震災25年 安藤忠雄さん「機能と美備えた建物を」
建築家

阪神大震災25年
2020/1/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

震災当日はロンドンにいた。予定を変更して関空に戻った。次の日に大阪の天保山から神戸港まで船で渡った。信じられない風景が目の前に広がっていて、復興は不可能ではないかとさえ思った。その後半年間、3日に1日は被災地を歩いた。脳裏に風景をとどめ置くことで、自分ができることは何かを考えた。

【関連記事】阪神大震災25年 語り継ぐ経験
・本庶佑さんが語る都市復興
・五百旗頭真さんが語る「次」への備え
・赤羽一嘉さん…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]