/

20日にカジノ廃止法案提出 野党

立憲民主、国民民主、共産各党の国会対策委員長は8日、国会内で会談し、カジノを含む統合型リゾート(IR)整備推進法の廃止法案を提出する方針を確認した。20日召集予定の通常国会初日に共同提出する。立民の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「カジノに絡む金まみれ、利権まみれの構図が分かってきた。国民運動を展開していきたい」と語った。

法案提出はIR事業を巡る汚職事件を踏まえたものだ。安住氏は次期衆院選でIRの是非が主要争点になるとの見方を示したうえで、通常国会で追及すると強調した。

これに関連し、立民、国民民主、共産の野党各党は8日の衆院内閣委員会理事懇談会で、逮捕された秋元司衆院議員がIR担当の内閣府副大臣を務めていた当時の出張・面会記録の開示を求めた。汚職事件に関する捜査状況も問いただした。法務省側は「具体的なことは捜査中で答えられない」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン