水風呂虐待、母らに有罪判決 福岡地裁

2020/1/8 11:01
保存
共有
印刷
その他

福岡県筑紫野市の自宅で小学生の女児の両手足を縛って水風呂に入れるなどの暴行を加えてけがを負わせたとして暴力行為法違反(常習的傷害)の罪に問われた母親(30)と、同居していた八尋潤被告(30)の判決公判が8日、福岡地裁であった。岡崎忠之裁判長は八尋被告に懲役3年、保護観察付き執行猶予5年、母親に懲役2年、保護観察付き執行猶予4年(いずれも求刑3年)を言い渡した。

岡崎裁判長は判決理由で「冬場に長時…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]