/

この記事は会員限定です

イラン報復で株急落、原油急騰 東京市場関係者の見方

[有料会員限定]

米国防総省は7日、イラクにある米軍の駐留基地がイランから十数発の弾道ミサイルの砲撃を受けたと発表した。8日午前の市場では米イラン関係の悪化懸念が強まり、円高と株の大幅安が進行、原油は急騰した。今後の日経平均株価や為替、原油相場はどう動くのか。東京の市場関係者に話を聞いた。

【日本株】

日経平均、米イラン関係の悪化が長引けば2万円も

三浦豊・みずほ証券シニアテクニカルアナリスト

「イランが米軍が駐留するイラクの基地への攻撃を開始した」との報道が現地メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1827文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン