/

ゴーン被告側、日産調査は「欠陥」 会見前に声明

(更新)

【ニューヨーク=大島有美子】日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の弁護団は7日、被告をめぐる日産自動車の内部調査について「真実の完全なるねじまげだ」と批判する声明を発表した。「欠陥と偏りがあり、最初から独立性を欠いた調査だ」と断じた。ゴーン元会長は日本時間8日夜に記者会見を開く。

声明は、内部調査が日産とルノーのさらなる統合を避けるためにゴーン元会長を引きずり下ろしたという事実を「全く無視している」と主張した。

日産自動車の外国人専務執行役員を名指しして「罪を犯したことを認めた人を雇い続けている優良企業はない」と指摘した。西川広人前社長についても、元代表取締役のグレッグ・ケリー被告の「発言をなぞっただけで、(日産の内部調査では)西川氏の悪事を発見できなかった」とした。

日産の調査を担った会社の独立性も疑問視したほか、日産が一度も元会長本人に対する「インタビューを実施しようとしなかった」と問題点を列挙。声明は「日産の調査は公平で厳格な調査とは言えない」と締めくくった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン