京都、ホテル活況に潜む影 低中価格の新設投資鈍る

2020/1/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訪日外国人でにぎわう京都は高級ホテルの開業ラッシュだ。京都市で2022年ごろまでに完成する新規建設計画の3割がホテル。2割の大阪市中心部と1割の神戸市中心部を上回った。ただ過当競争に入り、竣工件数は19年をピークに減少する。低中価格帯ホテルの新設投資に陰りがみられる一方、帝国ホテルなど高価格帯は建設が相次ぐ。京都観光は量から質へのシフトが進みそうだ。

建設情報サービスの建設ニュース(大阪市)の協…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]