/

この記事は会員限定です

武田、シャイアー買収1年 メガ「創薬」へ道半ば

[有料会員限定]

武田薬品工業が6兆円超を投じてアイルランドの製薬大手シャイアーを買収してから8日で1年がたつ。日本企業では過去最大のM&A(合併・買収)で世界の製薬大手の一角に食い込んだが、上位企業との資金力や企業規模の差は依然として大きい。株価も買収が明るみに出る以前の3分の2ほどの水準で低迷する。グローバルな創薬競争を勝ち抜く「タケダ」への変身は道半ばだ。

「パイプライン(新薬候補品目)はそろった。今後5年は大規模なM&...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1678文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン