iPS細胞から「下垂体」組織 名古屋大チームが作製

2020/1/8 1:00
保存
共有
印刷
その他

名古屋大学の須賀英隆准教授らは、生命の維持にかかわるホルモンを放出する脳下垂体などの組織をヒトのiPS細胞からつくることに成功した。下垂体の機能が衰えた患者の再生医療に道を開くとみている。成果は科学誌「セル・リポーツ」に掲載された。

下垂体は脳の視床下部に接する場所にある。生命維持や成長に必要なホルモンの分泌に深くかかわっている。下垂体の働きが弱ると、自…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]