一般入試チャンス2回 愛知公立高、独自制度で存在感
ナゴヤのトリセツ

2020/1/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公立高校の一般入試はチャンスが2回――。愛知県の高校受験は全国でも珍しい「複合選抜制度」というシステムを取り入れている。首都圏や関西圏などに比べ、進学実績や人気の面で県立の伝統校の存在感が大きい愛知。公立の受験機会が多く与えられる独自の制度が背景にあるようだ。

掲示板の前で受験生の喜びと落胆が交差する合格発表。早春のおなじみのシーンだが、愛知の公立高校の場合、他県とは少し様子が異なる。受験番号の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]