大阪中心部、職住近接へ 建設計画6割マンション

2020/1/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪市中心部のビジネス街が職住近接の街に変わる。自治体などに届け出済みの建設計画を分析したところ、新規案件の6割弱がマンションなどの共同住宅だった。企業が自社ビルを売却して梅田などにある大規模オフィスビルに移転。ホテルが供給過多となり、跡地にマンションが建つ構図だ。これに伴い学校やスーパーの整備も進み、都市型のライフスタイルが定着しそうだ。

調査は建設情報サービスの建設ニュース(大阪市)の協力を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]