式典演出担当パワハラ辞任 電通社内で処分、東京五輪

2020/1/7 20:46
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、開閉会式の企画、演出を担当するチームの中心メンバーとしてクリエーティブディレクターを務めていた菅野薫氏(42)が、所属する電通社内でのパワハラ行為で懲戒処分を受けたため、組織委の役職を辞任したと明らかにした。同日、本人から申し出があり、受理した。五輪開幕まで200日を切り、式典の準備への影響が懸念される事態となった。

電通は組織委から開閉会式の制作業務を請け負っており、被害を受けたのは、その任務を担っていたスタッフだという。昨年12月上旬に電通から組織委に事案が報告され、菅野氏は活動を自粛していた。

開閉会式のチームは、総合統括を務める狂言師で演出家の野村萬斎氏を筆頭に、菅野氏を含めて8人で構成されていた。菅野氏は、デジタルを駆使した表現を得意とし、広告やデザイン、アートで受賞歴も多い。16年リオデジャネイロ五輪の際には、安倍晋三首相がふんする「スーパーマリオブラザーズ」のマリオが登場して話題を集めた東京への引き継ぎ式の制作にも関わった。

電通広報部は「事態を厳粛に受け止めております。関係者の方々にご迷惑をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます。当社は引き続き労働環境改革に注力してまいります」とのコメントを出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]