/

この記事は会員限定です

新潟の酒蔵改革は異業種から 「稲盛経営」で再建

アウトサイダーが挑む

[有料会員限定]

「久保田」「越乃景虎」「吉乃川」――。県内最多の16酒蔵がひしめく長岡市で今、存在感が増している中堅酒蔵がある。1751年創業の柏露(はくろ)酒造だ。社長の尾坂茂氏は京セラ出身。2015年に経営不振で県外焼酎メーカーの傘下に入った柏露酒造の「再生請負人」として招かれた。17年2月の就任後、県内での販売額は従来の5倍に伸びた。

桃、シャルドネ、オレンジ。果物色のカラフルなラベルに、地元のプロバスケットボー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン