イラン、米に「13の報復シナリオ」 司令官服喪あけで

2020/1/7 18:35 (2020/1/7 22:54更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【テヘラン=岐部秀光】トランプ米政権に殺害されたイラン革命防衛隊精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の遺体埋葬の儀式が7日、イラン中部の故郷ケルマンで執り行われた。一連の追悼儀式は幕を閉じ、服喪あけにイランが米施設やサイバー攻撃などに動く可能性が出ている。イランは米国への報復に13のシナリオがあると指摘し、敵対する米国やイスラエルの警戒感が高まっている。

7日の埋葬の儀式では参列者が折り重なって…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]