バリアフリー化を加速 美術館・博物館に補助

2020/1/7 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は全国の公共建築物のバリアフリー化を急ぐ。美術館や博物館は観光誘致が見込める施設に重点的に改修費用を補助するほか、公立の小中学校は手すりやスロープなどの設置を義務づける。東京五輪・パラリンピックを機に、障害者らが暮らしやすい社会づくりを急ぐ。地方自治体にも国の指導を強める。

1月召集の通常国会に関連法案の提出を目指す。国土交通省と文部科学省はバリアフリー法の改正を検討。併せて「文化観光拠点」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]