障害者のジョブコーチ浸透 職場出向き環境整備を助言

2020/1/12 23:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

障害を持った人が職場で働き続けられるよう、専門家が現場に定期的に出向いてアドバイスをする「ジョブコーチ」制度の活用が定着し始めた。生産現場や事務職場での動線や労働時間、休憩方法など実際の雇用管理に即した助言をするのが大きな特徴だ。

■相談しながら職種変更

「体調はどうですか。ヒーターの温風は届いているみたいですね」

昨年12月初旬の栃木県那須塩原市。メッキ加工業の日本プレーテックで、脳出血の後遺症…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]