/

この記事は会員限定です

ロシア、反米親中の行方 プーチン大統領の選択肢

上級論説委員 坂井 光

[有料会員限定]

2019年12月24日、モスクワにある国防省の施設。「予算は限られている。盗みや怠慢は許されない」。プーチン・ロシア大統領は、米国との競争を引き合いに出しながら、同省幹部らにこう檄(げき)を飛ばした。20年は厳しい年になることを覚悟しているかのようだ。

19年は幸運に恵まれた。シリアから米軍が撤退し、その空白を埋めるように軍を進出させた。北大西洋条約機構(NATO)は欧米の分断が鮮明となった。敵失...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1421文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン