/

映えスポ 大豊神社のこまねずみ

(京都市)

今年はねずみ年。京都・哲学の道の近くにたたずむ大豊神社には、こま犬ならぬこまねずみがいる。境内にある末社の一つ、大国主命を祭る大国社前に鎮座。同命の危機をねずみが救ったと古事記にあるのが由来だ。向かって右は学問を表す巻物を、左は生命の源である水玉を抱えている。学業成就や子授け、安産などのご利益があるとされる。今年は初詣客が長蛇の列をつくった。一部の授与品は数が足りず、早々に追加発"チュウ"。

(松浦弘昌)

「NIKKEI関西」インスタグラムでも https://www.instagram.com/nikkeikansai/?n_cid=SNSIG003

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン