サムスン電子、CES基調講演で語ったビジョン
IT Globe 小池良次(ITジャーナリスト)

2020/1/8 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国サムスン電子は「体験の時代」と題して2020年のCESにおける基調講演のトップを飾った。新製品の発表や他企業との提携といったニュースはなく、サムスン電子のビジョンを語ることに終始した。

金炫奭(キム・ヒョンソク)社長兼最高経営責任者(CEO)は「人間中心で技術革新を進める」と述べ、同社の人工知能(AI)研究所が開発中の個人向けロボット「バリー」を紹介した。手のひらに乗るタイヤ型のロボットで、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]