マルトモ、宮城のかつお節工場再開 震災で休止

2020/1/7 18:54
保存
共有
印刷
その他

削り節大手のマルトモ(愛媛県伊予市)は、東日本大震災の影響で2011年から休止中だった仙台第一工場(宮城県柴田町)でかつお節パックの生産を再開した。沿岸部の取引業者の被災を受けて休止していた。東日本の物流コストの削減が見込めることや、愛媛県内のかつお節生産の拠点が手狭になったことから再稼働させた。

仙台第一工場は1995年の稼働で、鉄筋2階建ての延べ床面積約5500平方メートル。震災前はかつお節…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]