中ロ、日米同盟の強度を瀬踏み
日米安保60年(4)

米中衝突
習政権
2020/1/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米軍によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害は日本と中国やロシアとの関係にも影響を与える。米国と安全保障条約を結ぶ日本の安倍晋三首相は関係国に自制を求める一方、中ロは米国を名指しで批判している。中ロには日米同盟の強度を瀬踏みする姿勢もうかがえる。

「特に米国に対して冷静さと自制を保つよう促す」。ソレイマニ氏が殺害された3日、中国外務省の報道官は記者会見で米国の名前を出して批判した。

王毅外相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]