/

この記事は会員限定です

IHI、航空エンジンで払拭する下方修正の影

証券部 遠藤賢介

[有料会員限定]

IHIの業績の底入れ期待が高まっている。数年にわたり業績の足を引っ張っていたプラント工事案件が終わりに近づき、来期から航空機エンジン事業の利益が拡大するとみられているためだ。ただ、株価が本格的に回復するには見えないハードルも残っているようだ。

「問題は出尽くしたのか」

「悪材料は出し尽くしたと、確信を高めようとしている」

昨年11月、2020年3月期の業績予想を下方修正した直後の決算説明会。追加損...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン