/

この記事は会員限定です

米加州でプライバシー規制 日系企業も翻弄

[有料会員限定]

米カリフォルニア州で1日、企業に厳格な個人情報保護を義務付ける「消費者プライバシー法(CCPA)」が施行された。約4000万人の州民に対し、企業が保有する個人情報の開示や消去、第三者への売却停止などを請求できる権利を与えるものだ。包括的なプライバシー規制としては全米初だが、現時点でも施行規則は固まっておらず、詳細は曖昧なまま。法違反時に集団訴訟で巨額の賠償を求められることもあり、日本企業もいまだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2085文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません