百年に一度の危機、トランプ砲が助ける習近平「崇拝」
編集委員 中沢克二

米中衝突
香港デモ
習政権ウオッチ
中沢 克二
コラム(国際)
編集委員
2020/1/8 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「昨年は習近平(シージンピン)にとって散々な年だった。未曽有の危機にひんする彼の地位は揺らいでいるに違いない……」。中国共産党の外にいる常識人はそう考えがちだ。しかし、それは大きな誤解である。

共産党総書記、国家主席である習近平の党内での立場はここに来て逆に強まっている。共産党は我々の常識が通用しにくい特殊なサークルなのだ。それを証明したのが昨年暮れ、中央政治局が2日間にわたって開いた重要会議の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]