ニッカ余市蒸溜所、本場の製法脈々と 産業遺産に脚光

2020/1/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京五輪・パラリンピックにあわせて2020年はインバウンド(訪日外国人)の急増が見込まれるなか、人気なのが産業遺産を巡る観光だ。インバウンドの流れを定着させるには、人気観光地だけに焦点をあてた一過性の取り組みだけではなく、企業が全国各地にもつ産業遺産を巡る旅も鍵を握る。今回はニッカウヰスキー余市蒸溜所、京セラの「稲盛ライブラリー」、日本郵船の「氷川丸」、造幣博物館を紹介する。

ニッカウヰスキー余

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]