サイバスロン、障がい者と先端技術融合 五輪で注目

2020/1/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サイボーグ元年の2020年、その礎となりそうな世界大会が日本で開かれる。東京パラリンピックだ。男子400メートルハードルの日本記録保持者で、パラ選手への支援活動を続ける為末大さんは「テクノロジーでスポーツはもっと進化する」と語る。障がい者と先端技術との融合は、今後本格的に到来する超人化時代を予感させる。

■「サイバー」+「アスロン」、2016年から

「日常生活に役立つ技術開発を加速させたい」。「サ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]