ソニー、自動運転車をCESで披露 20年度に公道実験

2020/1/7 11:09
保存
共有
印刷
その他

【ラスベガス=広井洋一郎】ソニーは6日、同社の自動運転システムを搭載した試作車を発表した。画像センサーやAI、クラウドなどソニーの技術を組み合わせ、車内外の人や物体を検知・認識する。2020年度の公道での走行実験を目指す。市販は予定していない。

世界最大のデジタル技術見本市「CES」で、ソニーの吉田憲一郎社長は「過去10年のメガトレンドはモバイル(携帯電話)だった。これからはモビリティーだ」と強調した。自動車向け画像センサーの市場を開拓するため、自ら試作車を手がけ、関連するノウハウを蓄積する狙いがある。

試作車は犬型ロボット「aibo」の開発チームが中心となって手掛けた。車体の製造は、自動車部品大手のカナダのマグナ・インターナショナル子会社に委託した。車体の内外に画像センサーなど33個のセンサーを搭載。AIやクラウドの技術を活用して、車を制御するソフトウエアが随時更新される仕組みだ。ハンドルやアクセル、ブレーキの操作のうち複数を自動化する「レベル2」相当の運転支援ができるという。

シートに内蔵したスピーカーなどで車内をエンターテインメントの空間にする仕掛けも設けた。ソニーの技術のショーケースとしての役割も担う。

コンセプトカーを発表するソニーの吉田憲一郎社長

コンセプトカーを発表するソニーの吉田憲一郎社長

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]