/

「輸出規制撤回なら日韓関係発展」 文大統領が新年演説

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、新年の演説で日韓関係に言及し「日本が輸出規制措置を撤回するなら両国関係はさらに早く発展できる」と述べた。日本が韓国政府に解決策を求めている元徴用工問題には触れず「日本は最も近い隣人だ。協力関係を一層、未来志向的に進化させていく」と語った。

北朝鮮対応に関しては、米朝の非核化交渉の再開を後押しすると同時に「金正恩委員長と何度も会い、絶えず対話する用意がある」と強調。開城工業団地の操業と金剛山観光事業の再開へ努力する考えを示した。今夏の東京五輪・パラリンピックでの南北共同入場や、統一チームの結成へ北朝鮮側と協議する意向も明らかにした。

最重要の内政課題である検察改革を巡っては「評価を受けるまで改革を止めない」と訴えた。検察が指揮する一次捜査権を警察に移す「捜査権調整法案」の国会成立を期すと表明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン