オリパラ考

フォローする

パリ五輪、タヒチでも競技? 分散開催で揺らぐ理念

Tokyo2020
2020/1/9 5:30
保存
共有
印刷
その他

2024年パリ五輪の大会組織委員会は追加競技としての実施が確実なサーフィンの開催地にフランス領ポリネシアのタヒチを選んだ。開催都市から1万5千キロ以上も離れたほぼ地球の反対側ともいえる南太平洋。実現すれば究極の分散開催となる。

五輪は本来1都市が舞台になるものだったが、これからは競技や種目によって複数の地域に分散するのが当たり前になりそうだ。莫大な開催経費を嫌って世界の都市で五輪招致熱は冷え込み…

オリパラ考をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
ナイキ製の特注厚底シューズを履いたエリウド・キプチョゲ(左)はウィーンで行われたマラソンの特別レースで非公式記録ながら史上初の2時間切りを達成した(2019年10月)

 ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」の登場で、スポーツにおける記録やパフォーマンスの進化についてあらためて考えさせられた。

 記録とは異なる時代に活躍した伝説的アスリートの能力を比べるもの差しにも …続き (2/14)


 日本パラリンピック委員会(JPC)は7日、日本選手団の金メダル目標を20個と発表した。金ゼロだったリオデジャネイロ大会からの飛躍へ、団長として引っ張るのが1月に就任した河合純一JPC新委員長だ。河合 …続き (2/13)

山下JOC会長は「選手強化にかかる資金が社会に還元する仕組みを作りたい」と言うけれど……=ロイター

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が3日、JOCが果たす3つの役割などを発表した。その内容は「アスリートの育成・支援」「五輪精神の普及・推進」「国際総合競技大会の派遣・招致、国際化の推進 …続き (2/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]