「レバノンでも捜査を」ゴーン元会長告発の現地弁護士

2020/1/7 11:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベイルート=白石透冴】保釈条件に違反して逃亡した日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)を巡り、イスラエルと取引をしたなどとして元会長を告発したレバノンのハッサン・バジ弁護士が6日、取材に応じた。バジ氏は「国民は元会長とイスラエルの関係に怒っている」として、レバノン当局は捜査を進めるべきだと語った。

ベイルート市内にある法律事務所で日本経済新聞の単独取材に応じた。バジ氏はゴーン元会長が2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]