ボッシュ、25年に全製品にAI搭載

CES
自動車・機械
AI
自動運転
2020/1/7 5:39
保存
共有
印刷
その他

独ボッシュはAIを使った日よけ用のサンバイザーを公開する

独ボッシュはAIを使った日よけ用のサンバイザーを公開する

独ボッシュは、7日開幕するCESでAIを使った自動車向けシステムの「バーチャルバイザー」を初公開する。バーチャルバイザーはAIを使った日よけ用のサンバイザーで、車内のカメラが運転者の目の位置を検知して目に届く部分だけを暗くするシステム。6日には、2025年に自社の全製品にAI(人工知能)を搭載し、開発にもAIを活用する方針を明らかにした。

最高技術責任者などを務めるミヒャエル・ボレ氏らがCES開幕に先立って記者発表した。ボレ氏は「モビリティ、住宅、工場向けなどの3分野で性能を改善するためにAIを活用する」と述べ、技術革新の主導権を握る考えを示した。

同社は今後2年間で、管理職への研修などを通じてAIに精通した従業員を2万人まで拡大。1億ユーロ(約120億円)を投じてドイツにAI開発の拠点も新設し22年に移転する。CESでは自動運転のシャトル型電気自動車(EV)も出展する。(大本幸宏)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]