/

この記事は会員限定です

転機のデジタル見本市、CESに米中「分断」の爪痕

[有料会員限定]

【ラスベガス=奥平和行】世界最大のデジタル技術見本市「CES」が7日、米ラスベガスで開幕する。一般公開に先立って5日から始まったメディア向けの事前公開で目立つのは米中対立や「分断」の爪痕だ。多くの産業で付加価値の源泉がハードからソフトに移る大転換が迫るなか、日本勢を含む企業は「ニューノーマル(新常態)」への対応を迫られる。

「2019年は中国からの出展者や来場者が減ったが、今年はさらに少なくなった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン