近大系の新興、熟成した養殖マダイ輸出
欧米向け、2021年度にも

2020/1/7 11:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

近畿大学系スタートアップの食縁(和歌山県新宮市)は2021年度にも、熟成させたマダイの輸出を始める。切り身を寝かせてうまみを引き出す生魚の熟成は日本で発展した文化だが職人技だった。食縁と近大は養殖マダイを安定して大量に熟成させる技術の確立に成功した。魚離れが進む国内だけでなく、欧米に高付加価値な食材として売り込む。

熟成魚は「鮮熟真鯛(せんじゅくマダイ)」の名称で19年11月からまず国内の飲食店…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]