阪神大震災25年 本庶佑さんが語る都市復興
神戸医療産業都市推進機構理事長

阪神大震災25年
2020/1/7 2:00 (2020/1/7 11:34更新)
保存
共有
印刷
その他

阪神大震災の復興の教訓を他都市に伝えるとすれば、人のまねではなく、自分たちの独自性を打ち出して新たな得意技をつくるべきということだ。保証はできないが、うまくいく可能性はある。

【関連記事】阪神大震災25年 語り継ぐ経験
・五百旗頭真さんが語る「次」への備え
・安藤忠雄さん「機能と美備えた建物を」
・赤羽一嘉さん「被災者支援、尊厳守って」
・大津愛さん「諦めなければ道開ける」

神戸は日本で誰も掲げていな…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]