東京都、環境債100億円増額へ 機関投資家の需要強く

2020/1/6 20:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都は資金使途を環境分野に限定した環境債「東京グリーンボンド」の2020年度の発行額を19年度に比べ100億円増やす方針を固めた。機関投資家からの需要が強く、環境施策の加速に生かす。20年度予算案の査定を進める小池百合子知事が6日明らかにした。

東京グリーンボンドの発行額を従来の年200億円から年300億円に増額する。内訳は機関投資家向けが200億円、個人向けが100億円。増やしたのは機関投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]