環境変化の対応急ぐ 中国地方の企業トップ年頭所感

2020/1/6 19:57
保存
共有
印刷
その他

多くの企業で仕事始めとなった6日、中国5県の企業トップは所信表明やあいさつをした。国内は東京五輪・パラリンピックの話題に沸くが、米中貿易摩擦など外部環境は依然として厳しく、変化に対応できる経営を推し進める考えを示した。

マツダの丸本明社長は「コネクテッドや自動運転などのCASEは、10年前と比べると経営への影響がかなり大きくなった。ベースの稼ぐ力(を付けること)が喫緊の課題だ」と話した。

その上…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]