モネ、ハイペースで自治体と協定 先導役に存在感
XaaSの衝撃

2020/1/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社モネ・テクノロジーズ(東京・港)が次世代の移動サービス「MaaS(マース)」で自治体との連携を加速している。スマートフォンで予約できる「オンデマンド交通」の実証実験が中心だ。移動先でのサービス提供や人とモノの混載輸送にも着手。マースの先導役として存在感を高めている。

モネが2019年中に協定を結んだり、実証実験を始めたりしているのは32自治体で、当初想定の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]