/

この記事は会員限定です

イラク議会、米軍追放を決議 背後にイランの思惑

IS再興の懸念も

(更新) [有料会員限定]

イラク議会は5日、外国部隊の駐留を終わらせる決議を採択した。駐留米軍の撤収を事実上求める内容だ。背後には隣国から米軍を遠ざけたいイランの思惑がありそうだ。決議自体に法的拘束力はないが、これを受けてイラク政府が米国との合意を破棄すれば、米軍は駐留の根拠を失いかねない。米軍がイラクを去ることになれば「イスラム国」(IS)など過激派組織が息を吹き返す可能性があり、中東は一段と不安定になりそうだ。

米軍は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン