/

県有施設に5G基地局、富山県が設置を許可

富山県は県有施設などでの次世代通信規格「5G」基地局の設置を許可する。6日に開かれた会見で石井隆一知事が明らかにした。建物と土地を合わせて2144カ所にも上る立地を生かし、県内での5G通信網の整備を急ぐ。都道府県では先行して東京都と山梨県も同様の取り組みを進めている。

同日、富山県情報政策課内にワンストップ窓口を設置。順次、通信事業者からの申し込みを受け付ける。県と事業者による周辺への電波干渉の有無などの調査を経て県が設置の可否を判断する。

早ければ3月にも許可が出せるという。場所にもよるが設置には年間1500円以上の費用がかかる。県は通信事業者に施設の平面図や移転予定の有無といった情報を提供する。

石井知事は「(5Gの通信網が)速やかに整備されるよう受け入れ体制を整える」と強調した。県は昨年9月にeスポーツと5G技術を組み合わせたスポーツイベントを開催するなど5G技術の普及に力を入れている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン