スーツ冬の時代 AOKIなど、事業モデル「衣替え」

2020/1/7 11:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かつてサラリーマンの必需品だったスーツの専門店が変革を迫られている。カジュアル化を背景にスーツへの平均支出額は20年で半減した。厳しい市場環境のもと、三井住友銀行など大手企業まで脱スーツに踏み切る一方、「ユニクロ」は約2万5千円のセミオーダースーツで本格参戦した。AOKIや青山商事など紳士服大手は、高値で店頭に並べたスーツを値引いて客寄せする従来の事業モデルからの転換が待ったなしだ。

■ユニクロ本

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]