新潟大と新潟工科大、防災研究の推進で協定

2020/1/6 18:24
保存
共有
印刷
その他

新潟大学の災害・復興科学研究所と新潟工科大学の風・流体工学研究センターは、台風や吹雪など強風による災害に関する研究の推進を目指した連携協定を結んだ。災害のメカニズム解明や予測技術の研究などで協力を従来以上に強める。

教育研究のほか人材育成、地域貢献などの分野で連携をする。新潟工科大には大型の風洞実験装置があり、風の研究に強みを持つ。新潟大も積雪地で起きる災害や復興支援策などの調査研究で長年の実績がある。

近年に入り大型台風や猛吹雪などの災害が頻発する中で両機関の知識や経験を共有し、地域の災害対策の強化への貢献などを目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]