/

この記事は会員限定です

長野市長「被災地、被災者に勇気と希望を」、年頭訓示

[有料会員限定]

多くの企業などで2020年の仕事始めとなった6日、長野県内の自治体や企業トップが年頭訓示した。19年10月に県内を襲った台風19号災害からの復興に言及する経営陣らが相次いだ。海外情勢を背景に国内外で事業環境の先行き不透明感が強まるなか、経営者からは成長に向け、社会的役割を再認識するよう求める声も聞かれた。

長野市の加藤久雄市長は仕事始め式に出席し、台風19号の甚大な被害からの復旧・復興状況などにつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り601文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン