/

この記事は会員限定です

香港市場、中国マネーがデモ後急増 19年株買越額3倍

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】政府への抗議活動が続く香港の金融市場で中国の存在感が一段と高まっている。中国本土の投資家による香港株の買越額は2019年が2493億香港ドル(約3兆5千億円)となり、18年の3倍に急増した。大規模デモが始まった6月以降の買いが目立つ。一方、欧米からの投資マネーは香港の域外に流出しているとの観測も浮上してきた。

香港の代表的な株価指標、ハンセン指数は19年に9%上昇した。上昇率は上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1055文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン