ギャンブル依存治療に保険適用 厚労省、20年度から

2020/1/6 23:00
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は2020年度からギャンブル依存症の治療を公的医療保険の対象にする方針だ。足元で患者が増加傾向にあるうえ、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備が進むと依存症患者のさらなる増加が懸念されており、対策を強化する狙いもありそうだ。

厚労省によるとギャンブル依存症の外来患者は17年度で約3500人。14年度の約2000人から1.5倍に増えた。

患者が集団で意見交換し、ギャンブルに代わる行動…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]