/

ギャンブル依存治療に保険適用 厚労省、20年度から

厚生労働省は2020年度からギャンブル依存症の治療を公的医療保険の対象にする方針だ。足元で患者が増加傾向にあるうえ、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備が進むと依存症患者のさらなる増加が懸念されており、対策を強化する狙いもありそうだ。

厚労省によるとギャンブル依存症の外来患者は17年度で約3500人。14年度の約2000人から1.5倍に増えた。

患者が集団で意見交換し、ギャンブルに代わる行動を見つけられるよう支援するといった集団療法で有効性が確認されている。こうした治療法を保険適用する方向で制度の詳細を詰める。

20年度の診療報酬の改定では、加熱式たばこを吸う人への禁煙治療も保険適用する方針だ。健康に悪影響を及ぼす可能性があるためだ。すでに保険適用されている紙巻きたばこの禁煙プログラムを加熱式向けにも広げる。

禁煙治療では対面診療に加えてテレビ電話などオンラインによる診察を組み合わせることも可能とする。これまでは通院による対面診療でなければ保険適用にならなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン