/

この記事は会員限定です

グリーン革命、政治に直撃 気候変動対策迫る

ビジュアル世界情勢(2)

[有料会員限定]

「今すぐ行動を」「環境危機を止めろ」。ベルリンの壁崩壊からちょうど30年の2019年11月、歴史の舞台となったベルリン中心部のブランデンブルク門に数万人規模の若者が集まった。求めたのは民主化ではなく、気候変動への対応だ。「ドイツはできるだけ早く石炭から抜け出すべきだ」。参加した12歳のカルリス君は動きが鈍い政府に厳しい目を向ける。

危機感が広がる中、追い風を受けるのがドイツの緑の党だ。2年前の選挙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン