ハイテク新薬、1億円超えも 保険適用の線引き焦点に

経済
2020/1/6 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1度の利用で数千万円する超高額薬に注目が集まるなかで、2020年以降は1億円を超える薬も登場する見通しだ。1億円超えが予想される、ノバルティスの遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」は保険適用が見込まれ、患者の負担は抑えられる。その半面、ハイテク新薬の価格高騰は続き、保険や税の負担は増す。医薬の技術革新を促しつつ、医療保険でどこまで負担すべきなのか。医療保険制度の改革議論にも一石を投じそうだ。

ノバルティ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]