/

この記事は会員限定です

ハイテク新薬、1億円超えも 保険適用の線引き焦点に

[有料会員限定]

1度の利用で数千万円する超高額薬に注目が集まるなかで、2020年以降は1億円を超える薬も登場する見通しだ。1億円超えが予想される、ノバルティスの遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」は保険適用が見込まれ、患者の負担は抑えられる。その半面、ハイテク新薬の価格高騰は続き、保険や税の負担は増す。医薬の技術革新を促しつつ、医療保険でどこまで負担すべきなのか。医療保険制度の改革議論にも一石を投じそうだ。

ノバルティス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン