/

この記事は会員限定です

セキュリタイズCEO「日本でデジタル証券広げる」

[有料会員限定]

デジタル証券の発行を支える米IT(情報技術)企業、セキュリタイズは日本企業による資金調達支援を強化する。ブロックチェーン(分散型台帳)技術などを使った資金調達「STO(セキュリティー・トークン・オファリング)」が、4月施行の改正金融商品取引法で「電子記録移転権利」と規定され、発行需要が高まるとみている。

セキュリタイズのカルロス・ドミンゴ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。同社はデジタル証券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン