稲見昌彦・東大教授「スポーツでの常識の壁を破る」

2020/1/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人間の能力はテクノロジーでどこまで拡張できるのか――。そんな疑問に正面から取り組んでいるのが、東京大学の稲見昌彦教授だ。人間の身体能力をテクノロジーで補う人間拡張工学に基づき(年齢や障害などの)身体差を問わず楽しめる「超人スポーツ」を提唱している同教授は「健常者と障がい者といった区別がない競技会があらわれるだろう」と予測する。

■「スポーツが一番多くの人々に届きやすい」

――「超人スポーツ」を提唱…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]