/

この記事は会員限定です

影踏みという遊び 作家 嵐山光三郎

[有料会員限定]

子どものころ影踏みという遊びをした。運動場を走り廻(まわ)り、相手の影を踏むとそいつが鬼役となって、別の子の影を追い廻した。影は子にくっついて運動場をひきずり廻される。いつの日かそれが逆転して、影が主役となり、人間踏みという遊びをするという妄想を抱いた。闇の太陽の下を影が走り廻って、人間がズルズルとひきずられる。静まりかえった無灯の町は、月光写真の風景となり、昔の土の匂いがした。

バスが通り過ぎ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン