「攻殻S.A.C.」の神山監督 いまの問題から未来描く

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/1/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

近未来の日本。脳を直接ネットに接続し、人工の身体「義体」を操るサイボーグたちが活躍するSFアニメ「攻殻機動隊」シリーズの最新作が2020年春、ネットフリックスで配信される。神山健治監督は、最新作ではフル3DCGといった映像表現の技術的な挑戦をしつつ「キャラクターが持つ哲学を時代に合わせている」という。

■「脚本をAIに書かせようとしたが…」

――未来の社会を描くにあたって意識していることはあります…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]