/

この記事は会員限定です

ウェルカム・オニ様 作家 嵐山光三郎

[有料会員限定]

池波正太郎の小説に「鬼平犯科帳」があり、警視庁には鬼刑事、会社には鬼部長、相撲には「土俵の鬼」(初代横綱若乃花)がいた。大学には「研究の鬼」、文壇には「小説の鬼」がいて、そこらじゅうが鬼だらけだった。こういった鬼には一途なココロザシがあったが、「働き方改革」により、絶滅してしまった。鬼がいなくなり、みんなが福となったところに不況停滞の一因がある。「鬼は外」のみならず「福は内」なんて言ってる場合じゃ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り528文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン